遠隔操作ができるタイプの監視カメラ

最近の監視カメラは、普通にネット接続ができるものばかりです。データをネットを介して別の場所に記録することができますし、カメラの首振りを遠く離れた場所から指示できるものもあります。ズームイン・ズームアウトも、もちろん離れた場所から操作できます。しかもパソコンからだけではなくて、スマホからでも簡単に操作することができます。つまり、出先であっても場所を選ばずに、好きな部分を撮影していくことができます。これなら、ほとんど自分でカメラを構えて撮影をしているのと遜色ない映像が記録できます。注目すべき部分にズームインして撮影をすると、より証拠能力の高い映像になるはずです。ただ、遠隔操作ができるタイプのカメラを設置するときには、セキュリティに注意すべきでしょう。パスワードをかけていないと、世界中の誰もがそのカメラを操作できることになります。

街中に溢れ返る監視カメラ

昔は街中に監視カメラがあることは少なかったですが、今の時代はいたるところに監視カメラが設置されています。人通りの多い繁華街なら、街灯とセットで監視カメラが設置されていると考えた方がいいでしょう。痴漢行為や犯罪行為を予防するためでもありますし、他にさまざまな事件や事故を記録しておくための公のカメラなわけです。自治体などが設置をしているもので、一応は市民の生活を守るために置かれていると言われています。ただ、市民のプライバシーを侵害しているのではないかという指摘もあります。外でちょっと変なことをすれば、それがカメラでばっちり撮影されてしまう時代です。外ではどこにカメラがあるか分からないと考えて、慎重に動かなければなりません。山奥の道でも、カメラが設置されているケースがあります。人が少ないからといって気を抜いてはいけません。

河川にも監視カメラが設置されている理由

よく氾濫をする河川には、監視カメラが設置されていることが多いです。これは、水量を監視して、もしも水が溢れそうなら周辺地域の住民に避難勧告を出すためのものになります。国土交通省や自治体が設置をしていて、市民の安全を確保するために24時間365日、水位を見守っていてくれるわけです。ダムなどにもこうしたカメラはいくつか設置されているのが普通です。このカメラの映像をチェックする人もいて、こうした人たちが存在しているから、市民は何も考えずに安心して生活ができるわけです。他にも、工場や原子力発電所など、危険がありそうな場所には多くの監視カメラが設置されています。常に見張っておくことで、危険を予防できれば、それに越したことはないからです。こうした施設はどんどん数が増えてきています。したがって、日本に存在するカメラの数は右肩上がりなのが現状です。

現地調査では実際にカメラ映像のデモも行います。 国内外メーカーと自社製品を組み合わせたマルチベンダーな弊社だから出来るセキュリティシステムをご提供。 弊社はアットホームで温かみのある会社です。お客様の立場になって考え、親身になって相談をお受けします。 当社では、防犯カメラの販売を行うだけでなく、防犯システムの構築や設置工事なども手掛けており、より効果的な防犯対策が可能となります。 監視カメラや特殊カメラの専門販売はワイケー無線

Comments are closed