うまく使いこなして活用するダイレクトメールの方法

略してDMとも呼ばれるダイレクトメールは集客効果のある手法として、企業や個人経営している方を中心に多くの方に利用されています。ダイレクトメールは新聞の折り込みやチラシとは異なり、個人宛に直接送られる商品の案内やカタログのことをいいます。ダイレクトメールは、主にリピート率の向上を目的として利用されます。新規顧客の獲得や、カタログなどの資料請求をした見込み客に送ることもありますが、チラシと比較すると、作成するに費用がかってしまうため、リピーターの方に向けて行う方が費用対効果は高いといえます。ダイレクトメールは1回購入した人や年間での購入量が多い人など選んで送ることができるなど、客層のポイントを絞って送ることができます。ダイレクトメールを有効活用することによって、利益アップにも繋がるのです。

ダイレクトメールのメリット・デメリットとは

ダイレクトメールのメリットは、伝えたい情報量を調整することができるというところです。ハガキやチラシを封筒に入れたりして送ることもできますし、情報量が多い場合にはカタログや小冊子にして送ることもできます。特に多数の商品を扱っている通販業界にはピッタリの手法です。また、ダイレクトメールに様々なクーポンを付けて送ることで、購入者の反応率をみることもできます。よってどういったクーポをン付けると利用してくれるかが分かるので、次の施策を考案する時に便利です。ダイレクトメールを郵便で送る場合は、封筒のカラーやデザインを集客率の高いものに作り上げることができ、商品サンプルも付けることもできます。こちらはメリットである反面、デメリットでもあります。デザインや企画にこだわるとコストもかかりやすくなるのです。また、送る相手の住所や宛名を予め把握しておくことも必要なので手間もかかります。

ダイレクトメールを有効利用する方法

コストがかかりやすい傾向にあるダイレクトメールを有効に活用する方法をこちらで紹介します。商品を購入してくれた方に対して、後日感謝の気持ちを記載したメッセージカードを送ると購入比が前年度に比べてアップしたという事例があります。この方法はリピーターを獲得することを目的としている通販業界だけではなく、美容室でも活用されています。一度来店してくれたお客様に対してメッセージカードを送ることによって「また行きたい」という気持ちにさせてくれます。こういった活用法以外には、既存の顧客を調べて、その中でも購入回数や量の多い方をピックアップして、その方達には何か特典をつけることも効果的です。集まったリストは、年齢や性別、職業などによってセグメント分けすることが多いですが、その際に購入履歴でも分けておくと、次回からのダイレクトメール送る時の参考にもできるので便利です。