ダイレクトメールで得するおすすめ方法をお教えします

ネットやメールといったデジタルツールが主流になり、環境のためや経費削減のためにペーパーレスを推奨する時代になってきましたが、使い方やアプローチの仕方によっては紙媒体のダイレクトメールもまだまだ効果を発揮する営業ツールになります。ダイレクトメールを受け取る側は、個人情報部分の破棄方法や、ごみが増えるといったことに悩まされる場合があることは確かですが、商品サンプルや割引クーポンといった嬉しいおまけ的なものを一緒に受け取れる楽しさがあることは否めないはずです。紙媒体のダイレクトメールの場合、コストはかかりますが、提供する情報にマッチした相手を選別し、届けるタイミングを誤らなければ、受け取った側のアクションを充分に期待できる販促ツールといえるでしょう。SNS等の普及で郵便物を受け取ることが減ってきているこのご時世、年代によっては新鮮に見えるかもしれません。

ダイレクトメールの効果をもう一度見直してみよう

紙媒体のダイレクトメールといっても、ハガキやA4サイズ程度のボリュームのものから、冊子タイプになっているものまで幅広くあり、一度に伝えられる情報量も様々です。そのいかなる情報量をも超える内容を閲覧できるのがインターネットですが、パソコンの電源をオフにすると膨大な量の情報も一瞬にして目の前から消えてしまいます。伝えたい情報だけをカタチにして相手に届けることができるダイレクトメールは、顧客として囲い込みたいターゲットに効果的なキャッチコピーやデザインで構成でき、効率的に営業効果を上げることができる優れものです。また既存顧客のアフターフォローや、更なる集客や販路拡大につなげるアイディアも盛り込める万能ツールです。ダイレクトメールの可能性を掘り下げ、ぜひ活用してみて下さい。

マーケティングをしっかりおこない、ダイレクトメールを強力な武器にする

ダイレクトメールを送ったところで、いったいどれだけの人が開封して見てくれるのだろう、と開封や閲読に対する不安があると思います。ですが、あなたが顧客側の人間としてダイレクトメールを受け取った場合を考えてみて下さい。ハガキ、封書、FAX、Eメール。どのタイプのダイレクトメールでも、差出人に覚えのある企業(店舗)からのものであれば「一応」開封や閲読をしませんか?もちろん「見て終わり」になる事も多々ありますが、ダイレクトメールを手にした事がきっかけで、その次の行動にでる場合もあります。これがダイレクトメールの強みです。情報提供のタイミング、顧客が期待している(していた)内容を伝える事がしっかりとできていれば大丈夫でしょう。ぜひダイレクトメールを有効活用して、確実なレスポンスを獲得してください。