ダミー監視カメラで費用をかけずに防犯対策をしよう

監視カメラを導入すると犯罪を予防できるのは分かっていても、お金がないとなかなか購入に踏みきれません。性能のいいものは値段も高いですし、個人商店では負担が高くなってしまうこともあります。そんなときに便利なのが、ダミーの監視カメラです。ダミーなので実際に何かあったときには映像が撮影できませんが、万引きの予防には大変効果があります。実際のカメラとダミーのカメラで、万引きに対する効果はほとんど変わりません。抑止力という意味においては、カメラが設置されていると犯人に思わせられればそれでいいからです。危険な橋を渡ろうとする人は少ないですから、目立つところに設置しておけば一気に万引き被害は減少することでしょう。ダミーカメラなら、電気代もほとんど必要がありませんし、本体価格も格安で済ませられます。費用対効果は最高レベルでしょう。

最近の監視カメラは非常に高画質

最近の監視カメラは、高画質化が止まりません。従来はモザイクがかかったような映像しか記録することができませんでしたが、今では違います。ハイレベルなものであれば、4Kと呼ばれる高画質動画を記録することもできます。カメラの性能もよくなってはいますが、記憶装置の大容量化によって、こうしたことが実現していると言えます。今まではハードディスクと言っても数百ギガしかなく、大きなデータは格納しきれませんでした。今では数十テラのハードディスクも増えてきているので、高画質動画も残せるようになったわけです。これだけ高画質なら、犯人の顔の特徴もしっかりと記録することができ、警察も犯人の逮捕をすぐにできるようになります。実際、万引きをしているシーンも高画質ならより分かりやすくなりますし、犯罪対策には最高でしょう。画質はいいに越したことはありません。

監視カメラは研究にも必要不可欠なもの

大学で何かの研究をしようと思うとき、監視カメラがあると大変便利です。時間ごとの変化をきちんと記録できるので、人間がずっと見張っておく必要がなくなります。好きな部分まで巻き戻してチェックできるので、いろいろな研究に使えます。たとえば、動物の行動を監視してその生態系を研究するのにも、監視カメラはあれば便利です。理系の研究には、高性能な監視カメラがほとんど必要不可欠です。最先端の研究所では、最新タイプのカメラがいく台も導入されているのが普通です。また、普通に大学の授業を記録しておくこともできます。防犯対策のシーンだけではなくて、学術の分野でも大活躍しています。最近は非常に高画質の動画を長時間記録しておくことができるようになりました。本体価格も下がってきているので、学生が個人で購入して授業を記録するケースも増えています。

Comments are closed