使い方で変わるダイレクトメールのメリットとデメリット

普段の買い物などがきっかけで、店舗での会員登録をしたことにより、それから定期的にお店に関する案内や、お得なキャンペーンのお知らせなどがメールやハガキで届くことがあります。これが、多くの方が一度は目にしたことがあるダイレクトメールです。ダイレクトメールは、一定の消費者を対象に、購買意欲を高めるための情報を提供する手法として郵送や電子メールなどを使って通知することを言います。しかし実際には、どれくらいの方がダイレクトメールを毎回チェックされているのでしょうか。あまり内容を確認せずにすぐに破棄してしまう人も少なくありません。ダイレクトメールは、きちんと確認しておかないと、お得な情報を見逃してしまっている可能性もあります。そんなダイレクトメールのお得に活用する方法について紹介します。

電子メールやハガキのダイレクトメール活用法

ダイレクトメールが送られてくる方法のひとつで定番なのが電子メールです。ハガキやチラシなどの印刷物と違って気軽に送ることができますし、印刷代や郵送代などの費用もかからないので、企業側から見ても便利です。また、一斉に送ることができるので時間をそれほどかけることなく多くの人に通知することができます。特に、緊急告知をしたい時や、新企画をお知らせしたい時などによく利用されますので新しい情報をいち早く手に入れたい方はきちんと確認しておくと良いでしょう。もうひとつの方法であるハガキで郵送するダイレクトメールですが、手に取って見てもらいやすいので、セール情報などのお得な情報が載っていることが多いです。ハガキを持参すると割引やプレゼントといった特典を受けることができるパターンもありますので、よく確認しておくとお得に買い物を楽しむことができます。

ダイレクトメールを上手く使い分けよう

企業がダイレクトメールを送る場合、いくつか注意点があります。電子メールは、迷惑メールと判断されてしまい受信拒否といったこともあるかもしれません。また、高齢者の場合、インターネット環境がないところもありますので、ダイレクトメールを送ることができませんので気を付けなければなりません。一方、ハガキは、レイアウトを工夫すれば見やすくて興味を持ってもらいやすいです。更に手書き作成をすると、手間はかかりますが、相手にも伝わりやすいです。ただし、最近では個人情報の取り扱いが厳しくなっています。いきなり郵送で見知らぬ相手に案内を送っても、勝手に個人情報を取得されたと疑われてしまうかもしれません。あらかじめ電話で先に確認をした上でダイレクトメールを届けるなど工夫する必要があります。