Menu

得するダイレクトメールの使用例

ダイレクトメールは、依頼者から依頼を受けた業者がリストを購入して指定のエリア及びターゲット層へ郵送する方法が従来でしたが、個人情報保護法が始まってから違法となりました。したがって今では会員を保有している企業が、会員の了承を得てからDMを発送する方法になっています。その他には企業からの宣伝形式でもDMを郵送することが可能です。信用に基づいた企業からの宣伝という形で、依頼者が郵送することでの信用があり、有用な情報として顧客へアナウンス出来ます。またエリアや年齢などのターゲット層をピンポイントで絞ることも可能です。企業の保有している内容によっては品物に関する購入履歴などを含めたありとあらゆる情報を把握することが出来ます。またそういった内容も元に個人の情報である年収や家族構成、年齢、性別などに基づくことで絞り込みたいターゲット層をピンポイントで絞ることが可能になります。

ダイレクトメールの特長的なメリットとは?

ダイレクトメールを送るには顧客層に関する情報がなくても、多少の情報量によって選定することも可能です。例えば、未成年者にDMを送る場合は過去情報を基に顧客が購入した衣類のサイズから成長した顧客の年齢を絞ることにより、それ以外の商品を購入しているターゲット層をピンポイントに狙うことでDMを送ることが可能になります。このようにして購入履歴から得られた購入日、回数、金額、エリア及びや年齢、男女の性別といった情報を総合的に一元管理して有効活用することが出来、顧客層へ効率よく宣伝することが出来ます。こうしてアプローチすることで高い宣伝効果をもってアナウンスするメリットがあります。また方法にもよりますが、複数の顧客を選定にしてDMを送ることも出来ます。それ以外にもチェーン店や直営店といった異なる経営スタイルにも対応した店舗ごとに選定して発送も出来、高い確率で効果が期待出来ます。

効果的なダイレクトメールの方法とは?

ダイレクトメールは取引などがある企業が有用な情報を案内するものになります。DMの封筒やハガキに会企業の情報が記されていて、ごく一般的な広告よりも有用な情報のアナウンスが多く、広く顧客に見てもらえるのがメリットになります。また挨拶状なども同封されていると更に企業に対して好意的となり、その企業が取り扱う商品などの安心感に繋がります。またネットでの購入に送るDMにおいては、ネット購入している顧客はカタログ一覧から商品を選択して購入するかどうかの有無を決めるのが一般的ですが、その顧客へ送るDMそのものが、顧客が望んでいる品物及びサービスであれば、なおさらこの企業からの有用な情報として広告宣伝され、かつ効果的に顧客の購買意欲を刺激して次なる品物購入や新しい品物情報などのステップに繋がることが高い確率で見込むことが出来ます。