監視カメラに監視してもらうと安心です

昔は都会であったとしても、家の鍵を掛けなくてもモノを盗まれる心配がないほど、治安が良かったと言えます。しかしそれはもう過去の事であり、今ではそんな事をしてしまったら、ほぼ間違いなく物を盗まれてしまう可能性が高いです。ですから家の鍵はしっかりと掛けなければ、いけなくなっています。しかし今の時代は、それだけでは安心が出来なくなって来ています。鍵を掛けてあったとしても、カギをこじ開けられて入られてしまう事が良くある様になりました。なのでカギを掛けるだけでは、万全の防犯とは言えません。そこで監視カメラの出番となります。人の家に入ろうとする人は、誰かに見られている事をひどく嫌う傾向があります。人ではなく監視カメラであったとしても、見られている事には変わりありませんから、家に入ろうと言う気を失せさせることが出来ます。ですから家の玄関などに監視カメラを設置すれば、防犯効果を飛躍的に高める事が出来ます。

監視カメラはセキュリティに注意を

最近の監視カメラは、インターネットに接続できるタイプのものが多いです。こうしたカメラは、設定をデフォルトのままにしておくと、誰でもその映像を見ることができる場合があります。大勢の人間にアクセスされてしまいますから、デフォルトのままで使わないようにしましょう。最低限管理パスワードの変更をしておかなければいけません。ちょっとした手間ですが、それをしないと最悪乗っ取られてしまって、映像が世界中に公開されることとなります。パスワードは長めにしておくことも大事です。きちんと設定をしなければ、自分たちの行動はもちろん、顧客のプライバシーも守れなくなります。分からないなら、専門家に頼んできちんとセキュリティが守られているかチェックしてもらうといいでしょう。知らない間に世界中に監視カメラの映像が公開されてしまっていたケースは非常に多いです。

監視カメラは災害時にも役に立つ

監視カメラは犯罪を予防するものではありますが、実はそれ以外のときにも役立つものなわけです。たとえば、地震が起こった時の被害状況を記録しておくこともできます。後で見返すことで、地震対策のどこが間違っていたのかを調べることもできるでしょう。重要な歴史的な記録映像が撮影できる場合もあるので、24時間稼働し続ける監視カメラの需要は増しています。事故などのトラブルも記録できますし、店員がモニターを見られるタイプのものであれば、病気や怪我をしてしまった人がいないかも確認できます。店内で急病になり、倒れてしまう人もいることでしょう。クモ膜下出血なら一秒を争う事態ですから、可能な限り早く気づくことができる監視カメラの映像は役に立つ場合があります。思わぬものが撮影できる可能性もあるのが、24時間稼働し続けるカメラの利点ですね。

Comments are closed